特定非営利活動法人 日本電気治療協会

野球少年を診ている先生へ 安静にさせ、湿布を貼るだけで治療をしている気になっていませんか?
あなたは知らないかもしれませんが、実は肘が下がるのには理由があります。
こんにちは、私は神奈川県相模原市で接骨院を営んでいる「はしもと接骨院」の院長、羽田野龍丈ともうします。今から14年前の修行時代、私は高校生のピッチャーを診ていました。当時雑誌に載りプロ間近と言われた方でした。
野球の試合をするたびに明らかに彼の肘はグラグラになっていき、危険を感じた私は「コーチにこの手紙を渡してほしい」と一通の手紙をその少年に託しました。その後、その少年からの言葉は、今も耳の奥に残っています。「どうせ接骨院だろ、整形で見てもらえ・・・と言われました。」
痛む肘を抱え、その少年は私と目を合わさずに言いました。その言葉が逆に私の心に火をつけました。「絶対にこんな思いをさせない!」その後、私は様々な論文を読み、解剖学と生理学の本を頼りに少年野球の施術を行いました。
そのかいあって、ようやく完成したのが今回ご紹介する「野球肘問題解決プログラム」ぜひ、私と同じ悔しい思いをしているあなたにこそ受けていただきたいプログラムです。
現在、2013年日本電気治療協会を立ち上げ現在までに1077名の先生方にセミナーを受講いただきました。現在は東証一部上場企業のアトラ株式会社様と二人三脚でセミナーを行っております。
ハイボルト1分間療法 体験セミナー 電気施術の常識を打ち破った衝撃の技術を是非体験ください!
お申し込みはコチラ
この野球肘問題解決プログラムで、あなたが得られるメリットは・・・
野球肘の発生メカニズム、野球肘の原因確認、野球肘の生活指導
さらに、こんなメリットも
野球肘の子供の特徴、子供の学力を伸ばす◯◯とは、両親が気をつけるべき家庭状況
さらに、こんなメリットも
あなたが先生として活躍するためのトーク術、初診から卒業まで一連の流れチェックシート、ケガの対処方法
まずは、体験セミナーに参加してみてはいかがでしょうか?
ハイボルト1分間療法 体験セミナー 電気施術の常識を打ち破った衝撃の技術を是非体験ください!
お申し込みはコチラ
さて、話を次に進める前に、あなたはすでに、いくつもの疑問や懸念をお持ちかと思いますので、ここで よくある質問とその答えをリストにしました。
Q.投げ方やフォームを変更させるのですか?A.フォームの変更はさせません。改善は監督さんにお任せします。痛みの原因の特定と痛みへのアプローチをして再発防止の説明をします。
Q.練習を休ませなければいけないですか?A.状態にもよりますが、基本休まなくて大丈夫です。練習できる状態か、休ませる状態かを特定できる検査をします。
Q.野球肘以外も治せますか?A.スポーツに特徴的な症状全般に応用ができます。バレー、テニスなど腕を使う競技以外にも。
Q.どんな治療ですか?A.是非体験セミナーで体験ください。
ハイボルト1分間療法 体験セミナー 電気施術の常識を打ち破った衝撃の技術を是非体験ください!
お申込みは簡単です! 今すぐこちらをクリックしてお申込みページへ
お申し込みはコチラ
誠に勝手ながら、定員になり次第、締め切らせていただきます。もしあなたのお申込みが閉め切り後に 到着した場合、残念ながらお断りするかもしれません。あらかじめご了承ください。

電治協のホームページはこちら

特定非営利活動法人 日本電気治療協会